情報商材被害について Intelligence Business Material Victims

ホーム取扱業務情報商材被害

情報商材被害

情報商材詐欺、マルチ商法/サイドビジネス(副業)

初めに To Begin with

情報商材/会員権商法/マルチ商法/サイドビジネス(副業)等については昨今被害が急増している消費者被害であり、「○○をしたら儲けられる。」、「○○さんにだけ、とっておきの儲け話がある。」等と勧誘を行います。勧誘方法もインターネット広告やSNS広告、更にはメール、LINE、知人からの勧誘等、勧誘方法も様々であり、何も知らない勧誘者が「加害者」になる等というケースもあります。これらケースについて適用される法律も特定商取引法や消費者契約法、中には金融商品販売法にも抵触するケースもあり、被害回復には専門知識が必要不可欠であると言えます。

典型的な被害事例 Case Study

  • 「儲かる副業」等へ会員登録を行ったところ、「○○限定」の儲け話を教えてくれると多額の費用を支払いした。
  • 「毎日5分スマホをタップするだけで1日5万円の収入」との広告文につられ、登録をしたところ高額な仮想通貨取引のシグナルツールを購入させられた。
  • 大学の同級生から急に連絡を受け、投資話の勧誘を受けた。その投資話をさらに紹介することにより多額の報酬金を渡す等と言われた。
  • 「女性の高額副業」に登録したところ、悪質サイトへ誘導され多額の金銭を支払いした。
  • SNSで知り合った人物より、投資等の成功者を紹介され、多額の投資を行った。

被害回復をお考えの方へ

このような情報商材等への支払いについて被害回復を行うにあたって、相手方加害者が抵触する法律が多いため、どのような方針を選択するのかが一番重要とされ、更には相手方加害者の財産調査等も必要とされるケースが多いです。相手方加害者の居所は把握していても、被害者へ返済する資金がない等の場合もあります。これも悪質サイトの被害回復同様「いかに早く返金請求を行うか」も併せて重要となります。証拠がないケースもまずは大地総合法律事務所へご相談ください。専門スタッフが詳細を聴き取りさせていただき、あなたの被害回復をお手伝いします。

法律に関するお悩み・お困りごとがございましたら
お気軽にご相談・お問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6635-6588

営業時間/月曜~金曜
9:00~18:00

page top