投資被害について Investment Victims

ホーム取扱業務投資被害

投資被害

先物取引/FX取引/バイナリーオプション

初めに To Begin with

先物取引/FX取引/バイナリーオプション等については、金融庁より正式な許認可を受けているケースもあれば、悪質業者が海外に所在地を展開し、日本での準拠法に抵触しない構図で消費者被害を生んでいるケースもあります。具体的に先物取引被害については「金が固く儲けられる」等と断定的判断の提供より勧誘が始まり、最終的には被害者に借入をさせて多額の損失を生ませるケース等があります。FX取引/バイナリーオプションについては、インターネット上に架空人物を造り、その架空人物がFX取引/バイナリーオプションの運用をアドバイスする為、海外証券会社への口座開設を行わせ、預け入れさせます。その後運用し、利益が出たため出金要請を行うができない等、大体がトラブルに見舞われます。日本国内にて許認可を得ていない証券会社とのトラブルの為、泣き寝入りする方がほとんどです。

典型的な被害事例 Case Study

  • 先物取引の証券会社営業マンより「これからは○○が来ます!損はさせないので付き合ってほしい」。
  • 先物取引で追証を求められたが、支払いができないため、借入をさせられた。
  • SNSで知り合った人物より、無登録の海外証券会社へ口座開設を勧められ、運用アドバイス費用、証拠金預け入れを行ったが、多額の損失が出た。
  • 情報商材業者より、「こっちの方が国内より儲けられる」とレバレッジ規制が緩い海外証券会社への口座開設を勧められたが出金ができない。

被害回復をお考えの方へ

このような被害については情報商材同様に相手方加害者が抵触する法律が多いため、どのような方針を選択するのかが一番重要とされます。先物取引については規制が厳しいですが、無登録証券会社への紹介については現行法での被害回復が成立しないケースもあります。これらのケースにおいては明確な証拠の有無が被害回復に重要となります。大地総合法律事務所では専門スタッフが詳細を聴き取りさせていただき、あなたの被害回復をお手伝いします。

法律に関するお悩み・お困りごとがございましたら
お気軽にご相談・お問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

03-6635-6588

営業時間/月曜~金曜
9:00~18:00

page top